お客様の声 ランナー島田進司様

f:id:aki-ono:20210124190234p:image

大野
「本日お話しさせて頂くのはランナーとして日本国内だけでなくタイでも数多くの大会で入賞経験のある島田進司様です。約2年間弱、パーソナルトレーニングに通って頂きました。今回パーソナルトレーニングに通われてみていかがでしたか?」

 

島田
「大野さんのトレーニングは週一回90分でしたが、私の場合ランニング力(特に長距離)の強化が目的でしたので、下半身中心で自重・ダンベル・加圧ベルトを使った色々なメニューを取り入れて頂きました。私は身体が堅いのでストレッチにもかなり時間を割いて頂いた上、年齢も高い(57歳)ですので疲労回復等に効果のある色々なサプリを紹介頂き体調管理にも役立ちました。そのお陰もあって大きな怪我なくランニングを続けられたとともに、本年1月の鉄道公園100km走を始め、特に長距離系・トレイルの大会で上位入賞をすることができました。」

f:id:aki-ono:20210226024057j:image
ウルトラパークラン100㎞走 50代の部3位入賞

 

大野
「アスリートは勝負の世界ですので、どうしても無理をしてしまいオーバートレーニングや健康レベルが下がってしまう側面もあります。
私の方針としては競技を長く続けられるよう栄養や休養を徹底頂き、マイナスの面を極力カバーするという形でサポートさせて頂きました。
今回、島田様は年間を通じた体重の管理、ランニングパフォーマンス向上を目的として糖質制限で大会に挑まれました。ダイエットの世界だけでなくランニングの世界でも取り入れ始めている人も増えてきている糖質制限ですが、そのあたりについてはいかがでしたか?」

 

島田
糖質制限は昨年2月から本格的に取組みました。具体的には炭水化物をほぼカットしましたが、肉・魚・果物等は制限なくお腹一杯摂取しました。最初の2か月程はランのあと身体が怠かったですが、その後は適応したのか疲労感も少なくなり、何より体重維持・体調管理に効果がありました。
トライアルとして始めた糖質制限ですが、結果は良好と考えており今後も続けて行こうと思っています。」

 

大野
糖質制限を実施した事でランニングパフォーマンスなどで変化はありましたか?例えばカーボアップで大会を迎える選手も多いと思います。」

 

島田
糖質制限によるパフォーマンスの低下は感じませんでした。大野さんから直前のカーボローディングは糖質制限に慣れた身体には逆効果とアドバイス頂いたので、ラン途中30km越えた頃から意識的に糖質を摂るだけにしましたが、結果としてはそれで十分(効果的)だったと思います。」

大野
「ありがとうございました。日本での更なるご活躍を期待しております!」

f:id:aki-ono:20210226024106j:image