バンコク在住パーソナルトレーナーあき大野公式ブログ@タイでパーソナルトレーニング

トークセン タイ北部 チェンマイに伝わる伝統マッサージ

トークセン タイ北部チェンマイに伝わる伝統マッサージ

チェンマイの伝統マッサージ、トークセン。

筆者は筋肉や骨格といった構造体が専門のパーソナルトレーナーでエネルギー体に関する事は専門外なのですが、タイ古式マッサージの歴史と関わりが深い部分ですので解説しております。そういう伝統があったのかくらいに捉えて頂ければと思います。

本日はタイの北部に伝わる施伝統的な施術法の1つでもあるトークセンについて解説していきます。

 

トークセンとタイ古式マッサージの違いは

トークセンとは拇指や肘を使用するタイ古式マッサージと異なり

  • 木槌(コーン)
  • 杭(リム)

こちらの2つを使用し張っている筋肉や腱を叩く事で筋肉の緊張をほぐしたり関節などの痛みにも効果があると言われている施術法です。

またトークセンはその独特な響きとリズムによる音によりリラックスさせる効果もあります。タイの大学で研究がされていた事もあるのです。

バンコク在住タイマッサージ講師。定期的に行っているトークセン勉強会
定期的に行っているトークセン勉強会での1枚。トークセンには色々な種類があります。

トーク」「セン」という文字通りコーンとリムを使用し身体のエネルギーラインを叩いていきます。

エネルギーラインってなぁに?

タイマッサージの世界では

人体にはエネルギーラインと呼ばれるエネルギーの通り道があるとされています。

エネルギーライン、通称センは人体には72000本あると言われており現代ではその中の主要な10本のセンに対してアプローチを行っていると言われています。

トークセンはその昔、山で雷に打たれた木を使用して作られていたと言われています。雷に打たれることで邪気を浄化する力が宿ると信じられていたようです。

f:id:aki-ono:20210701222857j:image

余談ですがトークセンはタイマッサージと違い上から下へ施術をする事が多いのですが、これは邪気を祓うという考え方に基づいて行っております。

先程、雷に打たれた木で作られていたと解説しましたが現代のトークセンで本当に雷に打たれた木で作られているものは、ほとんど存在しないでしょう。

 

筆者の体験談 雷に打たれた木槌で施術を受けてみた

f:id:aki-ono:20210701222926j:image

ほとんど存在しないと先程解説しましたが、筆者はタイの田舎町で本当に雷で打たれた木から作られたトークセンでマッサージを受けた事があります。

施術して下さった先生いわく、そのトークセンを譲ってもらう為、何度も通って交渉したそうです。こういうドラマや漫画みたいなストーリー、私は大好きです。

日本には持ち込めないと言われている材質を使用したプレミア物で、エネルギー体は専門外の私ですがトークセンを学んだ身としては、本当に雷に打たれた木で作ったものがあったのかと感動し施術を受けました。

気持ちよさに変化がある訳ではなかったですが

素材にまで徹底してこだわったトークセン。まさに至高のマッサージと言えるでしょう。(海原雄山風)

f:id:aki-ono:20210630131659j:image

日本とタイにおけるトークセンの違い

そんなタイの伝統的な施術であるトークセンですがタイだけでなく日本でも受ける事が可能です。

タイとの大きな違いはテナントや周りのお客様に対する関係上、木槌(コーン)にゴムラバーを使用しているお店が多くなっております。

f:id:aki-ono:20210630171349j:image

先程も述べたように、音によるリラックス効果もありますのでラバー無しで叩いた方が良いのです。

テナント的に不可能、他のマッサージを受けているお客様からクレームがある。といった店側の事情も理解出来るので仕方ない部分なんですけどね。

一軒家で営業しているお店などトークセンの音が問題にならない場合にはその限りではありません。

日本で本場のトークセンを受けてみたい!という方は店舗に一度確認されてみると良いでしょう。

 

私が住んでいるバンコクでは2021.6.30現在、全てのマッサージ店はフットマッサージ以外のマッサージは禁止となっております。規制が解けたら、またトークセン巡りをしようと考えています。

その時が来たら紹介記事を書きたいと思います!

 

 日本で販売している書籍では、こちらの書籍でトークセンについて解説されております。(トークセンがメインの書籍ではありません。)