バンコク在住パーソナルトレーナーあき大野公式ブログ@タイでパーソナルトレーニング

【バンコク】痩せ薬とダイエットサプリメント【タイ】

バンコク】痩せ薬とダイエットサプリメント【タイ】

バンコク 痩せ薬とダイエットサプリメント

 

 

バンコクパーソナルトレーニング指導をしていると痩せ薬に関して質問を頂く事があります。今回は瘦せ薬とダイエットサプリメントについて解説していきます。

あまりツッコんだ薬品の解説は控えますが少しだけ内容に触れておくとバンコクでも人気のゼニカルは脂肪を分解する酵素のリパーゼの作用をおさえて、脂肪の消化吸収を邪魔するものです。

という事はお米を沢山食べている人にとってはあまり相性は良くないという事になりますね。

こちらの薬の効果についてはエビデンスも存在し長期間の実験でウエストサイズが減少したという事は認められています。 6ヵ月でウエストサイズ減少、12か月で実験は中止。

 

痩せ薬とダイエットサプリメントの違い

痩せ薬とダイエットサプリメント。この2つの違いは何かというと、大まかな分類としては

です。
医薬品は食品より効果が高いです。ただ医薬品には副作用があります。

食品には基本的には副作用はありません。(過剰症などや医薬品との組み合わせによる問題などはあり)
冒頭で解説したような、脂肪の吸収を抑えるダイエットサプリメントも販売はされていますが医薬品レベルの効果は期待出来ません。

特定用途食品や特定保健用食品などの解説はここではおいておきます。

ならば医薬品を使おうかなと、考える人も出てくるかもしれませんが副作用に関しては必ず確認を取り理解した上で自己責任という事でお願いします。

ダイエットサプリメントの注意点

さて薬品と食品の違いについて解説しましたが成分が食品なのか薬品なのかというのは薬事法というのが関わってきて、この薬事法は国によって異なります。

つまり海外のダイエットサプリメントを購入したら、日本の薬事法では食品ではなく医薬品扱いとなっている成分を配合したサプリメントだったなんて事も可能性としては出てきます。

これは話を誇張している訳でもなく、タイで販売してるダイエットサプリメントにも日本だと劇薬指定のものも普通に店頭に置かれています。私はバンコク在住ですが日本人街でも販売されています。

ダイエットサプリメント=食品のはずなのに使用してみた所、
「何か悪寒がするんですが」とか
「動機がします」という場合には一度成分を確認されるか、かかりつけの医師やパーソナルトレーナーに確認してみても良いでしょう。

 

まとめ 私が伝えたい事

 筆者は10kg以上のダイエット経験を何度も経験しております。その際は体脂肪は5%以下。ただ学生時代は1番運動が出来ませんでした。

その経験から言わせて頂くと薬を使用しなくても運動と食事を頑張れば、どなたでも充分にダイエットは達成可能だと思っています。 

副作用を理解した上で痩せ薬を使う使わないは自己責任だとは思いますがそれしかダイエットする方法はないと考えてしまうのは間違っていると思います。

痩せ薬を使おうか迷っていた方にとっては求めていないオチだったかもしれません。
また興味がある方がいればこのテーマについて書きたいと思います。

<追記>ダイエットサプリメントについて知りたいとの声がありましたので記事作成しました。ご興味をお持ちの方はご覧下さい。

 

onodiet.com

 

パーソナルトレーニング指導について
バンコク都の日本人街であるプロンポン駅前にて指導を行っております。
→詳細はこちら 
→料金はこちら
→無料カウンセリングお問い合わせはこちら
隔離期間中の運動不足解消に
BFRレーニングベルトご購入はこちら
Twitter