バンコク在住パーソナルトレーナーあき大野公式ブログ@タイでパーソナルトレーニング

ダイエットの際に起こる問題点

隔離期間中のダイエット

今回の記事ではダイエットの際に起こる問題点というテーマで書いていきたいと思います。

ある程度ダイエットについてご存じの方へ向けた内容になりますのでダイエットの基本についてはこちらをご覧下さい。

onodiet.com

onodiet.com

 

 

ダイエットの際に起こる問題点とは

ダイエットを行う際の問題点として代謝の低下があげられます。

代謝が低下するという事は、実際に消費される消費カロリーが減少するという事です。

最近ではスマートウォッチなどで推定消費カロリーが表示されたりしますが、
その数値より実際の消費量が減少している状態です。

これはダイエットを頑張っている人にとっては問題です。
その代謝低下を防ぐ為にチートデーと呼ばれる方法が存在します。

チートデーとは?

チートデーとは1週間や10日に1度、摂取カロリーを増やしダイエットにおける低下した代謝を戻す方法の事です。

 

最近ではリフィードという言葉を使う方も出てきており、チートデーと区別されているケースもあるようです。

 

リフィードと呼ばれる食事量を増やす際に炭水化物を増加させる方法ですが、

この言葉が流行る前からチートデーのテクニックとして存在しておりましたので、

この記事ではチートデーと統一します。

 

SNSYouTubeなどでも多くのダイエットに関する情報が入手できるようになりチートデーという言葉もダイエットをなさっている方であれば一度は聞いた事があると思います。

代謝が低下するとは、

わかりやすく言うと1日に消費するカロリーが減ってしまうという事です。
ダイエットを始めた時と同じように
運動を頑張ってるのに痩せないという状況ですね。

その打開策としてチートデーを設けるようにしている方が多いのですが、

初心者のダイエットにおいては精神的ストレスを軽減させる目的で取り入れている場合もあります。

筆者はチートデーはダイエットの効果が出ているなら別に取り入れなくても良いという考えですが、

先ほど解説したようにチートデーを取り入れる事が精神的ストレスの解消となる場合は賛成ですし、代謝が落ちて停滞気味の方には一定の効果はあると思います。

 

チートデー以外の代謝を戻す方法


ダイエットを長期間継続していく場合には
チートデーのような短期間ではなく、

現在実施中のダイエットを

多少緩める期間を設けると代謝の低下を戻すのに効果的です。

 

 〈例〉

ダイエットスタート(8~10週間程度)

ダイエットをお休み(低下した代謝が戻る)

お休み期間終了。ダイエットを再開させる。

この方法を用いれば継続してダイエットは達成出来るハズです。

注意点

ダイエットを緩めるとはいっても

ダイエットをスタートする前は

暴飲暴食をしていたという方は多少気をつけつつ過ごすというのがベターでしょう。

 

筆者のパーソナルトレーニングを受けられているお客様は

年間を通して体重管理をなさっており目標を達成されていっております。
しっかりと計画を立て置かれた環境で最善を尽くせば
ダイエットや健康管理は難しいものではありません。

今後もダイエットに役立つ情報を発信していきます。

 

 

 

パーソナルトレーニング指導について

バンコク都の日本人街であるプロンポン駅前にて指導を行っております。

⇒詳細はこちら 

⇒料金はこちら

⇒無料カウンセリングお問い合わせはこちら

BFRレーニングベルトご購入はこちら

 Twitterも始めました。是非フォローをお願いします。

バンコク パーソナルトレーニング