バンコク在住パーソナルトレーナーあき大野公式ブログ@タイでパーソナルトレーニング

糖質制限ダイエットで筋肉が落ちる?【パーソナルトレーナーが解説】

糖質制限ダイエットで筋肉が落ちる?【パーソナルトレーナーが解説

ここ数年で日本でも糖質制限がブームとなり様々な情報を目にするようになりました。
タイでも全体で見ると多くは無いですが、実践されている方や専門店なども出てきております。今回は糖質制限に関する疑問について解説していきます。

糖質制限ダイエット バンコク在住パーソナルトレーナー大野が解説します。

今回のテーマ
糖質制限ダイエットで筋肉が落ちる?」

 いきなり回答をお伝えしますがこれは完全なる誤解です。
詳しく解説していきます。

 

フィットネス業界では

実はフィットネス業界でも糖質制限で筋肉が落ちると言われる事があります。
少し前の話になりますがフィットネス業界の権威の先生が雑誌などでそういった発言をしていたことがありました。
権威の先生がそういった発言をしていると聞くと、その意見に傾きやすくなるという事は理解も出来ます。
ただ、その発言の根拠などをしっかり読み込むようにすると良いと私は考えています。

前回の糖質制限の記事でも書いたように糖質制限の定義というのが非常に曖昧です。
今回の権威の先生が発言したというケースでいうと
単に糖質を抜いた食事(ダイエット)を実践したら筋肉が落ちるという

事を言いたかっただけで、
糖質を抜き脂質はしっかりと摂取しケトーシスの状態に持っていく方法
に関して筋肉が落ちると発言している訳ではありませんでした。

Q. ケトーシスってなぁに?
ケトーシスとはわかりやすく説明すると
脳や身体の主なエネルギー源が糖質ではなくケトン体になっている状態の事を言います。

筋肉が落ちやすい糖質制限
落ちにくい糖質制限

確かにケトーシスへのアプローチなどよく考えずに糖質をカットすれば
筋肉などを分解し糖を作り出す糖新生という作用は活発に働きますので、筋肉は落ちやすいという話も正解だと思います。

しかしケトーシスの状態というのはケトン体をエネルギーに出来ますし、BCAAの酸化分解の抑制やアラニンの放出を抑制出来る事から、カタボリックを防ぎ筋肉の分解を抑制しやすくなるハズです。
実際に研究論文などを読んでみても筋肉が維持された、筋肉が増加したといった報告も出てきています。

 

ケトーシスになるまで糖質制限を実践。
しかし筋肉が落ちた?

糖質制限 ダイエット パーソナルトレーナーが解説

筆者はゴールドジムパーソナルトレーニングを長年行っておりました。その頃に「糖質制限ダイエットし身体はケトーシスになった。しかし筋肉が落ちたのではないか?」という相談を頂いた事があります。

どうもケトーシスにまで持っていく糖質制限実践者の中にも、そのような感想を持つ方がいらっしゃるようです。
勿論色々なケースはあると思いますが、

  • 栄養摂取やダイエットのペースも順調でケトーシスにもなっている
  • 筋力やトレーニングのパフォーマンスも維持、向上出来ている

このような場合は筋肉が落ちているという心配は無いと私は思います。
実際に今回の相談者の方もダイエットは順調でしたので私も筋肉は落ちていないという認識だったのですが

相談者の方からは

  • 「筋肉に張りが無くなった」
  • 「筋肉が小さくなった」

という感想を持たれているようでした。

このケースについて少し考えてみましょう。
糖質制限ダイエットを行うと糖質を制限した状態を続ける訳ですから筋肉や肝臓のグリコーゲンの減少が起こります。
このグリコーゲンが減少すると、グリコーゲンがしっかりと入っていた状態と比較した場合、筋肉は小さくなります。
また筋トレを行うとパンプアップといって筋肉が一時的に大きくなるんですが(しばらくすると元のサイズに戻る)このパンプアップにもグリコーゲンは関わってきます。
ただそれは筋肉の繊維が細くなった訳ではありませんし、糖質制限を終えて糖質を食べ始めてトレーニングを行えばすぐ戻ります。
筋トレに熱中している方にとっては糖質を抜く事でこういったジレンマは多少起こるかもしれません。

Q.グリコーゲンってなぁに?
グリコーゲンとは肝臓や筋肉に蓄えられている糖質の事です。
水分と一緒にくっついているので、このグリコーゲンが減少すると
一緒に水分も減少する事になり体重の低下は大きくなります。

筆者は日本で肉体美を競うミスター・ミスコンテストの審査員をしていたのですが、コンテストの前日あたりから当日にかけて選手たちは、おにぎりやスイーツなどを摂取し本番まで準備します。

そうする事で筋肉内にグリコーゲンを貯めこむ事が可能となり、グリコーゲンが枯渇した状態とは別人に見えるほど筋肉は大きくなっていきます。

つまり身体のグリコーゲンの貯蔵量は筋肉の大きさに影響を与えます。
ただダイエットとは脂肪を落とす行為ですので、身体にグリコーゲンを貯めこみすぎながら行うのは脂肪燃焼という意味では効果的とはいえません。

今日のまとめ

  • 糖質制限ケトーシスの状態に持っていくとケトン体をエネルギーに出来、BCAAの酸化分解の抑制やアラニンの放出を抑制もされ筋肉の分解を抑制しやすくなる。
  • 糖質制限の影響で筋肉が小さくなったように感じても、それは筋グリコーゲンが減少した事によるものなので心配はいらない

 

パーソナルトレーニング指導について

バンコク都の日本人街であるプロンポン駅前にて指導を行っております。

⇒詳細はこちら

⇒料金はこちら

⇒無料カウンセリングお問い合わせはこちら

 Twitterも始めました。是非フォローをお願いします。