バンコク在住パーソナルトレーナーあき大野公式ブログ@タイでパーソナルトレーニング

私の生い立ち

学生時代 カラダを大きくしたかった少年時代

学生時代は体重は48㎏、体脂肪20%とカラダが細く
クラス1運動が出来なかった事がコンプレックスで極力運動を避け、食事にも無頓着でカップラーメンをすすりながらテレビゲームに熱中して過ごすといった不健康な生活を送っておりました。

そのコンプレックスを改善しようと15歳の時に近所のジムに入会し筋力トレーニングを始めました。
初めてのジムでのトレーニングでは腕立て伏せが1回も出来なかったのは
今でも覚えています。

f:id:aki-ono:20210331050229j:plain
体重48㎏、体脂肪20%からボディメイク開始

カラダが細いなりにも少しずつ変わっていく事に面白みを感じ
毎日トレーニングに明け暮れる日々を送るようになりました。

高校在学中に20㎏以上の増量を行い体重は68㎏にまで変化。
その時の経験からトレーナーという職業を志すようになり
先ずはカラダ作りを科学的に学ぶためトレーナー学部のある
体育大学へ進学しトレーナーのキャリアをスタートしました。
大学での卒業研究のテーマは
〈ダイエット時に筋力・筋肉を付ける事は可能か?〉というもので、
2ヵ月間、毎日デジタルカメラで食事の写真を撮影し
栄養成分を全て書き出し食事管理をしながら筋トレを実践するという研究でした。
当時は毎日パーソナルトレーナーに食事報告をしてダイエット指導を行うといったサービスはまだありませんでした。

社会人時代 パーソナルトレーナーを目指して

大学卒業後は筋トレのメッカであるゴールドジムを日本で運営しているTHINKフィットネスに入社しました。
当時ゴールドジムアカデミーという社員向けの講習会があり
ここで運動生理学や機能解剖学を徹底的に叩き込んで頂きました。

トレーナー業の傍ら科学的なダイエットだけでなく
コンテスト向けの減量を学ぶためコンテストに挑戦しました。
大学生時代に経験したダイエットと異なり
極限まで体脂肪を落としきる減量は初めての経験で過酷を極めましたが
体重を12㎏落とし、更に体脂肪は3%まで落とし切り
出場したコンテストでは優勝を飾る事が出来ました。

f:id:aki-ono:20210331050237j:plain

独立後 ゴールドジム公認パーソナルトレーナーとして活躍

25歳でパーソナルトレーナーの国際ライセンスを取得後、GOLD'SGYM公認のパーソナルトレーナーとして独立しました。
最初から顧客がいた訳でなくゼロからのスタートで
お客様から依頼があれば何処の店舗でも伺い1日で千葉、神奈川、東京と移動し指導を行う事もありました。

ゴールドジムではカラダ作り専門のパーソナルトレーナーとして
筋トレと加圧トレーニングをミックスした指導で
多くのお客様のダイエットや肉体改造を成功に導くサポートを行ってきました。

その経験を活かしミスター・ミスコンテストの審査員も行うようになり
2015年には渋谷ヒカリエにて行われたベストボディ・ジャパン日本大会において審査員を務めさせて頂きました。

当時このような大ホールでコンテストが開催される事は珍しく、超満員の観客を見て緊張したのは今でも覚えています。

f:id:aki-ono:20210128235820j:plain

タイ移住後 医師と連携したパーソナルトレーニング指導

タイ移住後は医療クリニックと連携し不健康になりがちな駐在生活を改善することをテーマにパーソナルトレーニング指導をスタートしました。
パーソナルトレーニングというと体重を落とす事を最優先とする指導が多いのですが、「体重ではなく体脂肪を落とし筋肉をつける」指導は
おかげ様で好評で2年以上通って下さっている客様もいらっしゃいます。