バンコク在住パーソナルトレーナーあき大野公式ブログ@タイでパーソナルトレーニング

フットマッサージの効果について解説します【タイ】

バンコク フットマッサージ

タイの首都バンコク都では9月1日よりタイマッサージの営業がフットマッサージ限定で解禁となりました。
今回のブログではフットマッサージの魅力について解説していきます。

フットマッサージとは

タイ フットリフレクソロジー

先ずこちらの記事におけるフットマッサージの定義について。
フットマッサージはフットリフレクソロジーという名称で呼ばれる事もあります。
この2つの手技は厳密には異なるものですが

タイのマッサージ店の多くはメニュー表を見るとフットマッサージと表記しているお店が多く、
フットマッサージのサービスの中でフットリフレクソロジーの代表的な手技である
反射区へのアプローチも行われていたりします。
その為、今回の記事ではフットマッサージの事を

フットリフレクソロジーを含めたマッサージ法として定義します。

フットマッサージによって得られる効果

 

血流改善

フットマッサージを受ける事によって先ず血流改善効果が期待出来ます。

実際に受けた事がある方であれば体感的に納得される話だと思いますが、
こちらは研究も行われていて2016年に冷え性に対してのフットマッサージ効果を確かめた研究において
血流量が増加、皮膚温の上昇により冷え性対策にも効果が期待出来るという結果が得られています(※1)

ストレス軽減

また生理的、心理的ストレスに対する効果を調べた研究においてはノルアドレナリンを抑え、抑うつ感を減少させる神経伝達物質であるセロトニンを増加させる効果もわかっております(※2)

つまりフットマッサージで交感神経が抑えられ、リラックスし心理的ストレスも減らす効果が期待できるという事です。

 

反射区について

フットマッサージにて行われているアプローチの一つである反射区についても解説していきます。

足裏には人体の反射区が存在していると言われていて、
様々な位置に内臓や各器官の名称が割り振られています。
そこを刺激することにより該当する内臓や各器官を活性化させる効果があると言われております。

フットマッサージ 反射区

例えば肝臓の反射区を押して痛みがあった場合→肝臓の状態が良くないという事になり、

その反射区をアプローチする事で該当する箇所も改善するという理論です。

ちなみに反射区理論の発明者は医師ですが、この理論は医学ではありません。

(保管代替医療として世界中で効果の証明する為の研究は行われているようです。)

医学ではありませんが多くの反射区が存在する足裏へアプローチする事は先程も述べた血流改善効果も期待出来ますし、足底筋膜へのコンディショニングを整える意味でも良いものだと私は考えております。

否定的に捉えられている方も是非フットマッサージを体験してみて頂きたい所です。  

タイにおけるマッサージの料金について

タイにおけるフットマッサージの料金は日本は勿論の事、近隣諸国と比較しても安いです。

オンヌット タイマッサージ

日本人街のエリアですと1000円〜
ローカルエリアだと700円〜
くらいが1時間当たりの相場となっております。

高級志向の店になると金額は上がりますが、それでも日本と比較すると安い所が多いです。フットマッサージの個室対応も可能なアジアハーブで1時間2000円ほどです。

フットマッサージ アジアハーブ

興味がある方は受けられてみても良いでしょう。

またお勧めの店舗紹介などは別の記事で書いていきたいと思います。

パーソナルトレーナーとしてはロックダウンで運動不足になっている方が多いので

筋トレや有酸素運動で身体を動かし、その疲れを癒す事も含めてマッサージをお勧めしたい所です。

Effectiveness of Foot Massage in Alleviating the Symptoms of Elderly Individuals with Sensitivity to Cold

(※1)

The Effect of Foot Massages on Physiological and Psychological Stress Indicators in Healthy Women Volunteer

(※2)

パーソナルトレーニング指導について

バンコク都の日本人街であるプロンポン駅前にて指導を行っております。

⇒詳細はこちら 

⇒料金はこちら

⇒無料カウンセリングお問い合わせはこちら

BFRレーニングベルトご購入はこちら

 Twitterも始めました。是非フォローをお願いします。